講習会テキスト「津波避難ビル等の構造上の要件の解説」の公開

講習会テキスト「津波避難ビル等の構造上の要件の解説」の公開について
一般財団法人 日本建築防災協会
 平成23年3月11日の東日本大震災を受け、津波避難ビルの重要性が増大している中、国土交通省住宅局及び国土技術政策総合研究所(協力:独立行政法人建築研究所)により、「東日本大震災における津波による建築物被害を踏まえた津波避難ビル等の構造上の要件に係る暫定指針」がとりまとめられ、さらに同暫定指針をもとに津波防災地域づくり法における避難施設の技術基準が作成されました。
今般、国土交通省住宅局補助事業として講習会テキスト「津波避難ビル等の構造上の要件の解説」を用いた行政担当者及び確認検査機関所属の確認検査員向けの講習会(主催:一般社団法人建築性能基準推進協会、企画協力:財団法人日本建築防災協会)が開催されたところですが、広くこの講習会テキストをご活用していただくため、ホームページで公開させていただくことと致しました。
講習会テキスト「津波避難ビル等の構造上の要件の解説」(平成24年2月)
1章 津波避難ビル等の構造上の要件の解説 2.49MB
2章 津波避難ビル等の設計例
  2-1-1 6階建て鉄筋コンクリート造共同住宅の設計例 2.93MB
  2-1-2 8階建て鉄筋コンクリート造共同住宅の設計例 3.89MB
  2-1-3 10階建て鉄筋コンクリート造事務所の設計例 3.89MB
  2-2-1 10階建て鉄骨造事務所の設計例 1.78MB
  2-2-2 10階建て鉄骨造事務所(一部CFT柱)の設計例 1.74MB
  2-3-1 集成材を用いた3階建事務所の設計例 3.21MB
  2-3-2 津波により浸水の恐れのある地域における3階建て住宅 4.05MB
  2-3-3 津波により浸水の恐れのある地域における2階建て住宅 2.95MB
参考資料編 0.37MB
ホームページにアップしたデータの修正について
1章 津波避難ビル等の構造上の要件の解説 において、ページが一部欠落しておりましたので、修正をいたしました。