耐震診断プログラム評価

阪神・淡路大震災後、既存建築物の耐震性向上のため、広く耐震診断が実施されるようになりました。この耐震診断の計算には方法の異なった各種の電算プログラムが使用されています。
本会と(社)建築研究振興協会とは共同して「耐震診断プログラム評価委員会」を設置して、鉄骨造、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造の耐震診断プログラムで申込を受付けたプログラムについて、そのプログラム作成の元となった診断基準・指針等に対する位置づけと使用上の注意事項を明らかにすることにより適切な耐震診断及び耐震判定の実施に資するため、耐震診断プログラムの評価を実施しています。
 

耐震診断プログラム評価について
1.評価対象プログラム
鉄骨造、鉄筋コンクリート造及び鉄骨鉄筋コンクリート造等の耐震診断プログラムで、「建築物の耐震改修の促進に関する法律」に基づく告示(平成7年12月25日建設省告示第2089号)により定められた耐震診断に関する指針及び関連通達に基づいて作成されたプログラムを対象としています。
2.評価の内容
評価申込のあった耐震診断プログラムが、「建築物の耐震改修の促進に関する法律」に基づく告示(平成7年12月25日建設省告示第2089号)により定められた耐震診断に関する指針及び関連通達に対して妥当なものであるか、また、利用者への手引等が完備されているかを評価します。
3.委員会
委員会設置規程により運営しています。委員会には必要により部会を設置します。
4.評価書の有効期間
耐震診断プログラム評価書の有効期間は5年間

 
お問い合わせ先
その他詳細につきましては、下記事務局までお問い合わせ下さい。

一般財団法人 日本建築防災協会 調査研究部
東京都港区虎ノ門2-3-20 虎ノ門YHKビル3階
電話:03-5512-6452 FAX:03-5512-6455
お問い合わせ