全国耐震ネットワーク委員会とは
○目 的
全国における既存建築物の耐震診断等の実施および耐震改修・外壁落下物対策のための改修など所要の防災改修工事等を推進するために必要な支援活動を行うことにより、地震災害にも強い良好な建築ストックの形成に寄与するため、「既存建築物耐震診断・改修等推進全国ネットワーク委員会」(以下「全国耐震ネットワーク委員会」という。)を設置する。

○全国耐震ネットワーク委員会の役割
全国耐震ネットワーク委員会は、既存建築物の診断、改修等の推進に係る下記の支援を行う。
(1)全国における既存建築物の診断・改修に関する活動の支援
(2)全国における被災建築物応急危険度判定に関する活動の支援
(3)その他必要な事項

○全国耐震ネットワーク委員会の構成
全国耐震ネットワーク委員会は、次に掲げる団体等(以下「構成団体」という)及び学識経験者である役員を以って構成する。
(1)都道府県等地方自治体
(2)建築物の耐震化を推進する建築関係団体
(3)地方自治体の指導・協力等により耐震判定委員会等を設置している団体等
(4)建築基準法における指定確認検査機関
全国耐震ネットワーク委員会には、委員長、副委員長を置く。
委員長、副委員長は、学識経験者より、幹事会の議決を経て全体委員会の承認により選任する。
全国耐震ネットワーク委員会には、部会を置くことができる。
全国耐震ネットワーク委員会には監事2名を置くものとし、幹事会において選任する。

全国耐震ネットワーク委員会