浸水時の地下室の危険性について

昨年6月の福岡水害と7月の東京都内の豪雨の際に、建物の地下室が浸水したことにより、それぞれ1名の方が亡くなる事故が発生しました。これを受け、本会と建築防災関係団体で構成する「建築物防災推進協議会」は、建築設計者向けにパンフレット「地下室の洪水時の危険性について」を作成しました。

主な内容は、
1 洪水時に水が建物の地下に流入するスピードは非常に早い。小さな地下室ほど短時間で水であふれる。
2 閉じている扉の向こうに水がある程度溜まると、外開き扉も内開き扉も開けることができなくなる。
3 低い位置にコンセントなどがあると、浸水の初期で電気系統が停止する。電灯が消える、エレベータが使用できなくなるなど、避難に障害が生じる。
などで、地下室への入り口の床をできるだけ高くするなどの事前の対策を提案するとともに、浸水し始めたら速やかに避難することの重要性を訴えています。
下記から本パンフレットを閲覧することが出来ます。

本パンフレットは下記により実費販布しています。

1.価格
1部200円(ただし、10部以上でお申込み下さい)

2.送料
50部まで400円  51部~149部700円  150部以上無料

3.申込先
東京都港区虎ノ門2-3-20虎ノ門YHKビル8F
一般財団法人 日本建築防災協会 図書係
TEL.03-5512-6451 FAX.03-5512-6455

 


注 意:

本ホームページでご覧になるには、PDF形式の対応が必要です。
Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、まず こちらからダウンロードをしてから

下記「パンフレット」をクリックして下さい。閲覧・印刷が出来るようになります。
浸水時の地下室の危険性について「パンフレット」

 

 

また、本パンフレットは全8ページで構成されていますが、
下記「ページ」をクリックすることにより指定のページからの閲覧もできます。
 

1ページ 253KB
2ページ 329KB
3ページ 141KB
4ページ  61KB
5ページ  72KB
6ページ  64KB
7ページ 185KB
8ページ  26KB

未分類