戸建住宅の耐震改修工法・事例

発行: 一般財団法人 日本建築防災協会

 平成7年1月17日の阪神・淡路大震災では10万棟(18万世帯)を超える家屋が倒壊し、6,400人を超える尊い生命が犠牲になりました。特にこの地震では犠牲者の大部分が家屋の倒壊により圧死されました。
この被害から、地震に弱い家屋の実態が改めて明らかになりました。地震によって家屋が倒壊・大破すると、住まわれている方が被災するだけでなく、火災発生を誘発し、避難行動・救急救命活動・消火活動の妨げとなり、またその後の除却により復旧活動の妨げともなり、近隣の方や地域に大きな迷惑をかけることになります。このように大きな苦痛、負担等をもたらす耐震性能の低い住宅を、地震が来る前に一つでも多く耐震改修等により解消することが必要です。
 このためには、自分達の住んでいる家が大きな地震に耐えられるかを調べ(耐震診断)、地震に弱い場合は強くなるように家屋の状況に応じた耐震補強・改修をすることが必要です。しかし、耐震補強・耐震改修をするためにどうしたら良いのか、どのような工事をするのか、といった情報がこれまで不足していました。
 この度、一般財団法人 日本建築防災協会では国土交通省の委託を受け、戸建て住宅耐震改修工法・事例を募集し、応募された資料を基に、タイプ別に整理しわかりやすい事例集としてまとめましたので、地震に弱い住宅を一つでも多く改修するためにご活用ください。

体 裁 A4版 カラー 20頁
価 格 一部 400円(維持会員特価:360円)(税込み)
購入方法 郵便局または銀行で刊行物代金及び送料を振り込み、受領書の写しと刊行物申込書をFaxまたは郵送してください。
郵便振替口座:00100-7-167411
銀行口座:あさひ銀行赤坂支店 普通預金:680486
送 料 1部:160円、2部:200円、3部:270円4部以上:購入代金1万円以下:400円 3万円未満:700円 3万円以上:無料
問合せ先 一般財団法人 日本建築防災協会
電話03-5512-6451 Fax 03-5512-6455
〒105-0001 東京都港区虎ノ門 2-3-20 YHKビル8階

未分類