建築物等の防災技術評価事業における評価終了技術

No.47評価技術:Interior Shear Grid Wall(ISGW)工法 (鋼製格子によるハイブリッド耐震システム工法)

工法概要:本工法は、鋼製格子により既存鉄筋コンクリート造及び鉄骨鉄筋コンクリート造建築物の耐力の補強を行う耐震システムである。既存躯体との接合方法は、エポキシ樹脂による接着工法を採用している。鋼製格子は小ユニット(2×2、2×3等)に分割し、大型重機を必要としない、少人数運搬を可能としている。小ユニット同士は現場にて溶接により接合して一体化する工法である。

評価時期:当初)平成23年1月7日(評価書の有効期限:平成28年1月6日)
     変更・更新)平成28年4月22日(評価書の有効期限:平成33年1月6日)
     ※評価の有効期限を過ぎてから変更・更新までの期間については、変更・更新の審査中であっ
      たため、旧評価書を有効として扱う。
申 請 者:(株)TIS & PARTNERS、(株)ア・ファクトリー

問い合わせ先:(株)TIS & PARTNERS
電話 03-5217-2611 FAX 03-5217-2677

建築物防災技術評価