建築物等の防災技術評価事業における評価終了技術

No.45

評価技術:DCブレース工法

工法概要:本工法は、既存鉄筋コンクリート造建築物および既存鉄骨鉄筋コンクリート造建築物を対象とし、ブレースおよび枠材に角形鋼管を用いた枠付き鉄骨ブレースを既存架構の柱梁の外側に直付けして耐震補強する工法である。鉄骨ブレースと既存架構との接合方法は、あと施工アンカーによる間接接合法であり、枠材鋼管内部には無収縮モルタルまたは高流動コンクリートを充填し一体化する。

評価時期:当初)平成22年9月28日(評価書の有効期限:平成27年9月27日)
     変更・更新)平成28年8月5日(評価書の有効期限:平成32年9月27日)
     ※評価の有効期限を過ぎてから変更・更新までの期間については、変更・更新の審査中であっ
      たため、旧評価書を有効として扱う。
申 請 者:大日本土木(株)

問い合わせ先:大日本土木(株)建築本部
電話 03-5326-3953 FAX 03-5326-3532

建築物防災技術評価