建築物等の防災技術評価事業における評価終了技術

No.37評価技術:鉄骨ブレース直付け工法
工法概要:本工法は、既存鉄筋コンクリート造及び既存鉄骨鉄筋コンクリート造建物の柱梁を、鉄骨枠と鉄骨ブレースからなる枠付き鉄骨ブレースで補強する耐震補強工法であり、既存の柱や梁に施工されたあと施工アンカーと鉄骨枠をナットで締結し、既存柱・梁と鉄骨枠の隙間にエポキシ樹脂または無収縮モルタルを充填して一体化する工法である。

 

評価時期:当初 平成20年10月1日
変更・更新 平成26年 1月30日(評価書の有効期限:平成30年9月30日)
申請者:鉄骨ブレース直付け工法研究会
((株)カテカ(代表)、(株)フジタ)
問い合わせ先:(株)フジタ 技術センター 生産技術開発部
電話 046-250-7095 FAX 046-250-7139

建築物防災技術評価