建築物等の防災技術評価事業における評価終了技術

No.36

評価技術:鋼構造物の耐震補強を対象とした高力ボルトによる挟み込み接合(PNW工法)
工法概要:本工法は、一般的なH形鋼の高力ボルト摩擦接合を応用した挟み込み接合を、鋼構造物の耐震補強に適用させるものである。特徴は、補強部材の接合に際し、溶接及び母材にボルト孔の穿孔を必要とせず、無溶接で比較的簡単に補強工事を完了させることができる。また、火気を使用しないため、爆発や火災が懸念される建物に対しても適用が可能である。
評価時期:当初)平成20年5月14日(評価書の有効期限:平成25年5月13日)
     変更・更新)平成25年9月18日(評価書の有効期限:平成30年5月13日)
     変更・更新)平成28年4月22日(評価書の有効期限:平成33年5月13日)
     ※評価の有効期限を過ぎてから変更・更新までの期間については、変更・更新の審査中であっ
      たため、旧評価書を有効として扱う。
申請者:五洋建設(株)
問い合わせ先:五洋建設(株)建築本部建築エンジニアリング部

電話 03-3817-7768 FAX 03-3817-7695

建築物防災技術評価