建築物等の防災技術評価事業における評価終了技術

No.32

評価技術:KTB・PCaPC外付けフレーム耐震補強工法

工法概要:KTB・PCaPC外付けフレーム耐震補強工法は、工場で製造されたコーベル付きPCaPC部材を現場で組立て、それを既存建築物外構面に増設し、その新設フレームと既存部との接合は新設の梁やスラブの接合部材により、PC鋼棒による圧着工法もしくはあと施工アンカーで一体性を図る耐震補強工法である。新設フレームは、PC圧着関節工法のフレームを適用するものとする。また、その際に新設PCaPCフレーム専用の基礎も新たに設け、必要により転倒防止用の鉛直地盤アンカーを設ける。

評価時期:平成18年10月12日
変更・更新:平成24年 8月 2日
変更・更新:平成28年12月19日(評価書の有効期限:平成33年10月11日)

申請者 :KTB協会圧着技術研究所

問い合わせ先:【幹事会社】 黒沢建設(株) 設計部 耐震補強担当

電話 03-3371-3360 FAX 03-3365-1932

建築物防災技術評価