建築物事故情報

本協会では「事故情報ホットライン」のサイトを開設しています

近年、建築物及び建築設備等に係る各部分や遊戯施設等において、転倒、転落、挟まれ等による重大事故が発生していますが、これらの事故は、重大事故に発展する以前に、軽度のトラブルを発生している事例が指摘されています。

本会では、国土交通省の委託を受け、建築物等に関する事故情報等について情報収集及び情報提供方法等を検討し活用するための委員会「建築物に係る事故情報の収集・公表・活用方法検討委員会」(委員長 菅原進一東京大学名誉教授)を設置し、検討を重ねて参りましたが、この度下記の「事故情報ホットライン」を開設しました。

入力いただいた情報は、個人情報につきましては個人情報保護法に則り適切に対処させていただいた上、委員会の検討資料として活用させていただくほか、必要により国土交通省の社会資本整備審議会建築分科会建築物等事故・災害対策部会に報告することとさせていただきます。是非ご協力くださいますようお願いします。