資格の移行について

1.移行申請の対象者

・ 現在、「特殊建築物等調査資格者」などの資格をお持ちの方は、新たに講習などを受けることなく、来年6月に創設される「特定建築物調査員」などの資格者証の交付を受けることができます。

・ 資格の対応関係は以下のとおりです。

現行(〜平成28年5月) 新制度(平成28年6月〜)
特殊建築物等調査資格者 特定建築物調査員
昇降機検査資格者 昇降機等検査員
建築設備検査資格者 建築設備検査員

2.移行申請に必要な書類

  • ・ 申請書
  •  特定建築物調査員資格者証申請書(リンク)
  •  昇降機等検査員資格者証申請書(リンク)
  •  建築設備検査員資格者証申請書(リンク)
  •  こちらからダウンロードしてご記入ください。資格により申請書が異なります。正しい申請書で申請されませんと受付できませんので十分に資格を確認し、ご記入ください。
  •  申請書の作成方法にあたっての注意事項は「移行手続きにおける注意事項」の(3)をご確認ください。
  • ・ 住民票の写し(3ヶ月以内に発行されたもので本籍地が記載されているもの)
  • ・ 登記されていないことの証明書(成年被後見人、被保佐人等に該当しないことの証明で本籍地が記載されているもの)
  •   証明書の取得方法は、お近くの法務局(http://www.moj.go.jp/ONLINE/GUARDIAN/7-1.html)でご相談ください。取得にあたっての注意事項は「移行手続きにおける注意事項」の(2)をご確認ください。
  • ・ 返信用封筒 1枚(450円分の切手を貼り、資格者証の送付先住所を記載した角2形式(縦332mm×横240mm)のもの)
  • ・ 戸籍謄(抄)本の写し(※修了証明書又は認定書の交付以後、氏名に変更があった場合)
  • ・ 旧資格者講習の修了証明書(認定書)の写し

3.移行申請のフロー
移行申請フロー

 ※ 住民票の写しに記載されている住所を正確に記入してください。

4.書類の郵送先

  〒100-8918 東京都千代田区霞ヶ関2-1-3
   国土交通省住宅局建築指導課建築物防災対策室 業務係 宛

5.書類の郵送にあたっての注意事項

  • ・「移行手続きにおける注意事項」をご確認いただき、書類不備や記入漏れ等のないようにお願いします。
  • ・書類不備や記入漏れ等があった場合は、受付できません。
  • ・申請書、住民票の写し、登記されていないことの証明書、旧資格者講習の修了証明書(認定書)の写し、半分に折った返信用封筒の順にクリップ等で留めてください。
  • ・複数の資格(特殊建築物等調査資格者と建築設備検査資格者など)を所持している方については、申請書は各資格のものが必要ですが、住民票の写し・登記されていないことの証明書・返信用封筒等その他の書類については、同封の場合に限り1通でかまいません。
  • ・一つの封筒で複数人を郵送される場合は、一人ずつ分かるようにして下さい。
  • ・返信用封筒は、1人につき1通必ずご用意ください。(簡易書留で送付するため、現住所等、ご本人が必ず受け取れる宛先を記入して下さい。)

○調査・検査資格者の方へに戻る