調査・検査資格者の方へ

  • 【資格者証の送付について】
  • ・平成27年10月5日~平成28年1月31日までに資格者証の交付申請をいただいた方については、申請書類の確認ができた順に資格者証の送付を平成28年3月14日より開始しました。
  • ・資格者証は、申請時に同封いただいた返信用封筒を使用して簡易書留でお送りしていますので、原則、ご本人の受取が必要となります。
  • ・不在等により、郵便局より不在連絡票が投函されている場合、その不在連絡票に記載されている問い合わせ先にご連絡いただき、受領くださいますようお願いします。
  • ・新しく交付された資格者証(交付番号)は、平成28年6月1日から有効となります。平成28年5月31日までの定期調査・検査報告は、従来どおりの修了証明書(認定書)の番号を使用してください。
  • 【申請書類の不備等について】
  • ・資格移行申請書類に記入漏れ、不足書類等の不備がある方には電話又は郵便でお知らせをして、書類の修正と返送(平成28年3月25日(金)(消印有効))をお願いしているところです。
  • ・締切日以降であっても受付はいたしますが、平成28年2月1日以降の申請者と同様に平成28年5月31日までの交付が難しくなる場合があることをご了承ください。
  • ・修正等が完了しないと資格者証の交付ができませんので、ご注意ください。
  • 【資格者証の受け取りができなかった方へ】
  • ・不在等の理由で郵便局から資格者証の受け取りができなかった方については、再度、簡易書留にて送付させていただきますので、450円切手を貼付した返信用封筒(資格者証を送付する宛先及び修了証明書番号を記載したもの)を以下宛先までご送付ください。
  •     連絡先:国土交通省住宅局建築指導課建築物防災対策室業務係 
            03-5253-8111(内線39-569)
        送付先:〒100-8918 
            東京都千代田区霞が関2-1-3
            国土交通省住宅局建築指導課建築物防災対策室 資格者証再送付 宛

  • ※送付いただく封筒(宛先が国交省のもの)の表面に必ず申請した資格の種別と資格の種別に応じ申請書に記入した修了証明書又は認定書の番号を記載してください。
  • 記載例)
     「特定建築物 12345」
     「昇降機等 12345」
     「建築設備 12345」
  • 【一級建築士又は二級建築士の免許をお持ちの方へ】
  • ・一級建築士又は二級建築士の免許をお持ちの方は、資格者証の交付を受けていなくても定期調査・検査・点検の業務を行うことができますので、資格者証の申請は不要です

○ 定期報告制度においては、建築物の調査・建築設備等の検査を実地で行う資格者の皆様の協力が必要不可欠です。

○ 今回の法改正により、これまでは「法定講習の修了者」とだけ位置づけられていた資格制度が法律において定義されることになり、資格者には国土交通大臣から資格者証を交付することとなりました。

○ これまでの資格制度が新たに法律によって定められた制度に発展することに合わせて、あらためて資格者証をお渡しするための手続きが必要となります。お手数ですが、移行手続きへのご協力をよろしくお願いいたします。

○ これまでの資格制度と、あらたな資格制度の関係は以下のとおりです。これまでに法定講習を受講して資格者となっている方であれば、移行手続きを行うだけで、新制度の資格者に移行することができます。

1.資格の移行について

2.移行手続きにおける注意事項

3.移行申請の様式

 ・ 特定建築物調査員(申請様式)

 ・ 昇降機等検査員(申請様式)

 ・ 建築設備検査員(申請様式)

 
○定期調査・検査報告トップページへ戻る