特集「天井落下対策 その1」

月刊「建築防災」
No. 419 2012/12月号
特集「天井落下対策 その1」
※執筆者名の後の( )内の数字はその記事のページ数を表す。
◆防災随想
◇地震に備えて~備えよ、常に~/小林秀行(東京都 都市整備局 市街地建築部 耐震化推進担当課長)(1ページ)

 
◆特集「天井落下対策 その1」
◇はじめに/坂本 功(東京大学名誉教授)(1ページ)

 2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震は、津波による被害と原発事故とが、非常に甚大であった。それに対して、地震動の揺れによる建築物の被害は、地震の規模の割には大きくはなかったというのが、おおかたの評価である。
 
◇東北地方太平洋沖地震における茨城空港ターミナルビルの天井被害/石原 直(独立行政法人建築研究所 建築生産研究グループ)(4ページ)
 東日本大震災では、天井の脱落等による人的被害は死者5名、負傷者72名以上、被害件数は約2,000件とされており、規制強化が実施されようとしている1)。
 
◇ミューザ川崎の天井被害調査/佐藤考一(A/E WORKS)(8ページ)
 ミューザ川崎(ホール棟)(以下、ミューザ川崎)は2003年に竣工した音楽ホールである。2011年東北地方太平洋沖地震により、ホール天井が大きく脱落する被害が生じた。本報では(一財)日本建築防災協会に依頼され、筆者も関わった被害調査に基づき、ミューザ川崎の天井被害の概要を報告する1)。なおこの付近の震度は気象庁震度階で5弱から5強である。また宮前小学校で観測された地震波を用いて計算するとミューザ川崎の震度階は5強(計測震度5.1)になる。
 
◇芸予地震における体育館等の天井落下被害/西山 功(独立行政法人 建築研究所)(3ページ)
 本稿は、特集「天井の落下対策」(その1)における「過去の天井落下事例」として記載した。天井落下、特に、体育館等の大空間における天井落下が写真入りで地震被害調査報告に初めて掲載されたのは、1978年伊豆大島近海の地震1)とされている。その後、被害地震の発生のたびに同様の被害が報告されているが、本稿で記載する芸予地震の直後には国土交通省から技術的助言2)が発出され、天井落下研究がその後加速したことから、大空間の天井落下研究において忘れることが出来ない地震となった。ここでは、この地震による天井落下被害を振り返る。
 
◇十勝沖地震における空港ターミナルビル等の天井被害/石原 直(独立行政法人建築研究所 建築生産研究グループ)(6ページ)
 平成15年9月26日午前4時50分頃に十勝沖を震源地とする気象庁マグニチュード8.0の地震(平成15年(2003年)十勝沖地震)が発生し、釧路市では震度5強の揺れを観測した。本地震により、平成13年芸予地震(2001.3.24)と同様に、比較的広い天井面を覆う天井が落下する被害が生じた。筆者らは地震から5日後の10月1日に現地調査を行い、調査当日に得た情報や資料と後日得た若干の補足資料をもとに、落下原因の推定を試みた。本稿ではその調査結果の概要と当時推定した落下原因1)を改めて紹介する。
 
◇宮城県沖の地震における屋内プールの天井脱落被害/脇山善夫(国土交通省国土技術政策総合研究所総合技術政策研究センター評価システム研究室)(2ページ)
 平成17年8月16日(火)午前11時46分頃に宮城県沖を震源(深さ42km)として発生したマグニチュード7.2の地震により、宮城県仙台市泉区にあるスポパーク松森の温水プールの天井が脱落する被害が発生した。この天井脱落により2名が重傷、33名が軽傷を負った。
 
◇非地震時における屋内プールの天井板脱落被害/脇山善夫(国土交通省国土技術政策総合研究所総合技術政策研究センター評価システム研究室)(2ページ)
 平成20年1月6日(日)午前8時55分頃及びその数分後の二度にかけて、愛知県豊田市の豊田スタジアムスポーツプラザの屋内プールにおいて天井板が脱落した。営業時間前でプールに人はおらず、人的な被害は発生していない。
 
◆行政ニュース
 
◇消防排煙に係る特例基準の策定について/東京消防庁予防部予防課(4ページ)

 消防法施行令(以下「政令」という。)には、消防隊が安全かつ円滑な消火活動を行うために設けられる排煙設備(以下「消防排煙」という。)の基準が定められています(図1参照)。また、建築基準法施行令(以下「建基政令」という。)には、火災初期の避難の用に供することを主たる目的とした排煙設備(以下「建築排煙」という。)の基準が定められています。
 
◆Q&A
 
◇「2011年改訂版耐震改修促進法のための既存鉄骨造建築物の耐震診断および耐震改修指針講習会」質問・回答集(II)

 
 
 

*情報交流制度にお申し込みいただいた方には、当協会の月刊誌である「建築防災」をお配りしています。

——————————————————————————————————————-

その他詳細につきましては、下記事務局までお問い合わせ下さい。
一般財団法人 日本建築防災協会 建築防災編集係
東京都港区虎ノ門2-3-20 虎ノ門YHKビル
電話:03-5512-6453 FAX:03-5512-6455
mail:kenbokyo@kenchiku-bosai.or.jp

 

バックナンバー