特集「在来工法による戸建て木造住宅の耐震改修事例」

月刊「建築防災」
No.348 2007/1月号
特集「在来工法による戸建て木造住宅の耐震改修事例」
シリーズ「建築保全のための建築物調査の基礎知識79」
 
※執筆者名の後の( )内の数字はその記事のページ数を表す
 
◆防災随想
◇戸建木造住宅の制振補強促進への課題/曽田五月也(早稲田大学創造理工学部建築学)(1ページ)

 
◆特集「在来工法による戸建て木造住宅の耐震改修事例」
◇「在来工法による戸建て木造住宅の耐震改修事例」の特集にあたって/坂本 功(編集委員会委員長)(1ページ)

 耐震診断もなかなか進まないが、耐震改修にいたっては、それ以上に進んでいない。戸建て木造住宅の場合はとくにその傾向が強い。その理由としていろいろあげられているが、一般の人にはもちろん、建築の専門家にも、どのような補強方法があるのかが、十分に伝わっていないことも、その一因と考えられる。
 
◇事例1 千葉県S邸 比較的壁の多い住宅を補強した事例/佐久間順三(設計工房 佐久間)(3ページ)
 
◇事例2 東京都Y邸 増築された不整形な住宅を補強した事例/佐久間順三(設計工房 佐久間)(3ページ)
 
◇事例3 埼玉県T邸 農家住宅を補強した事例/佐久間順三(設計工房 佐久間)(4ページ)
 
◇事例4 東京都K邸 壁量が不足している住宅を補強した事例/佐久間順三(設計工房 佐久間)(5ページ)
 
◇事例5 埼玉県N邸 大規模開発区域内の住宅を補強した事例/佐久間順三(設計工房 佐久間)(4ページ)
 
◇事例6 埼玉県KS邸 真壁を補強した事例/山崎由美子((有)エーシーワイ建築設計事務所)(2ページ)
 
◇事例7 埼玉県NK邸 天井と床を残して補強をした事例/山崎由美子((有)エーシーワイ建築設計事務所)(2ページ)
 
◇事例8 埼玉県NY邸 梁も補強した事例/山崎由美子((有)エーシーワイ建築設計事務所)(2ページ)
 
◇事例9 埼玉県TK邸 増築をした住宅の補強事例/山崎由美子((有)エーシーワイ建築設計事務所)(3ページ)
 
◇事例10 長野県M邸 築40年超の住宅を耐震改修した事例/河島 豊(トステムホームウェル(株))、岡村博充((株)岡村工務店)(3ページ)
 
◇事例11 千葉県B邸 リフォームと耐震改修を組み合わせた事例/河島 豊(トステムホームウェル(株))、鹿嶋克美((有)光進建設)(3ページ)
 
◆シリーズ「建築保全のための建築物調査の基礎知識79」
◇マンションの長期修繕計画作成について(設備編)/中野谷 昌司((社)高層住宅管理業協会マンション保全センター(10ページ)

 今回は、前回解説した長期修繕計画の作成手法(建築編)の続きで、設備編についての作成手法を解説をする。
 設備の長期修繕計画の考え方について
 設備の長期修繕計画は、その考え方については建築とは似て非なるものといえる。建築の場合、一般マンションにおいては、使われている建築材料が躯体+仕上げ材+付帯金物とある程度パターン化されており、経年劣化の過程予測がつけやすい。しかし、マンションにおける設備の場合には、これまで材料、工法においても日進月歩を続けてきたこと、新しい設備が次々に出てきていることなどから、長期修繕計画の中では十把一絡げに考えることが難しいと言える。
 
 
 

*情報交流制度にお申し込みいただいた方には、当協会の月刊誌である「建築防災」をお配りしています。

——————————————————————————————————————-

その他詳細につきましては、下記事務局までお問い合わせ下さい。
一般財団法人 日本建築防災協会 建築防災編集係
東京都港区虎ノ門2-3-20 虎ノ門YHKビル
電話:03-5512-6453 FAX:03-5512-6455
mail:kenbokyo@kenchiku-bosai.or.jp

バックナンバー