(創立30周年・300号記念特別号)

当協会の機関誌「建築防災」(月刊)の紹介
No.300 2003/1月号

創立30周年・300号記念特別号

※執筆者名の後の( )内の数字はその記事のページ数を表す

◇30年・300号記念号発刊にあたって/岡田恒男((財)日本建築防災協会理事長、芝浦工業大学教授)(1ページ)
◇「建築防災」300号/坂本功(建築防災編集委員長、東京大学大学院工学系研究科教授)(1ページ)
◇防火材料試験から見た、これまでの30年・これからの30年/仲谷一郎((財)建材試験センター性能評価本部副本部長)(1ページ)
◇建築ストック形成から見た、これまでの30年・これからの30年/野城智也(東京大学生産技術研究所教授)(2ページ)
◇災害状から見た、これまでの30年・これからの30年/廣井脩(東京大学社会情報研究所教授)(2ページ)
◇学問としての伝統木造から見た過去30年これからの30年/藤田香織(都立大学大学院工学研究科講師)(1ページ)
◇窯業系サイディングから見た、これまでの30年・これからの30年/富永勝美(2ページ)
◇構造家から見た、これまでの30年・これからの30年/矢野克巳(建築耐震設計者連合前会長)(2ページ)
◇地震活動から見た、これまでの30年・これからの30年/伊藤和明(防災情報機構会長)(1ページ)
◇私と東海地震=日本建築防災協会と共に26年/山崎善利((社)静岡県建築士事務所協会会長)(1ページ)
◇神奈川県における応急危険度判定制度推進の経緯-判定士登録10,000名達成-/石川良男((財)神奈川県建築安全協会専務理事)(3ページ)
◇建築の評価手法から見た、これまでの30年・これからの30年/青木義次(東京工業大学大学院理工学研究科建築学専攻教授)(2ページ)
◇災害の進化から見た、これまでの30年・これからの30年/室崎益輝(神戸大学都市安全研究センター教授)(2ページ)
◇地震とのつきあい、これまでの30年・これからの30年/後藤隆之(国土交通省住宅局建築物防災対策室長)(1ページ)
◇煙と避難誘導から見た、これまでの30年・これからの30年/神忠久((財)日本消防設備安全センター産よ)(2ページ)
◇人口動態と都市づくりから見た、これまでの30年・これからの30年/村尾成文(建築家、(株)日本設計特別顧問)(2ページ)
◇建築行政から見た、これまでの30年・これからの30年/石川哲久(大阪府建築都市部長)(2ページ)
◇ストックとフローから見た、これまでの30年・これからの30年/木村宣代(東京都都市計画局都市づくり政策部土地利用計画課担当係長)(1ページ)
◇被災マンションの再建から見た、これまでの30年・これからの30年/山崎靖生(兵庫県まちづくり局長)(2ページ)
◇地震学から見た、これまでの30年・これからの30年/大竹政和(東北大学大学院理学研究科教授)(1ページ)
◇ストックとの係わり-30年前と今-/吉田正良((社)建築・設備維持保全推進協会専務理事)(1ページ)
◇おやじと防災、これまでの30年・これからの30年/飯野雅章((社)日本ファシリティマネジメント推進協会常務理事)(2ページ)
◇高齢社会に求められる地震対策の視点/白石真澄(東洋大学経済学部助教授)(1ページ)
◇法的環境から見た、これまでの30年・これからの30年/大森文彦(弁護士・東洋大学法学部教授)(2ページ)
◇規制緩和から見た、これまでの30年・これからの30年/松本光平(明海大学不動山岳部教授)(2ページ)
◇塑性変形能力、これまでの30年・これからの30年/和田章(東京工業大学教授・建築物理研究センター長)(2ページ)
◇団塊世代の高齢化と防火の課題/関沢愛(独立行政法人消防研究所研究統括官)(2ページ)
◇ビル防火法制から見た、これまでの30年・これからの30年/小林恭一(総務省消防庁予防課長)(3ページ)
◇火災研究の枠組から見た、これまでの30年・これからの30年/長谷見雄二(早稲田大学理工学部建築学科教授)(1ページ)
◇被災者の生活再建支援策、今昔/重川希志依(富士常葉大学環境防災学部助教授)(2ページ)
◇定期報告を受け付け業務からみた、-現在・過去・未来-/岡部光男((財)大阪建築防災センター事務局次長)(2ページ)
◇地球環境時代における建築防災の課題/仙田満(東京工業大学教授、環境建築家)(2ページ)
◇まちづくりから見た、これまでの30年・これからの30年/村上美奈子((株)計画工房主宰)(2ページ)
◇地震予知と地震防災の30年/泊次郎(朝日新聞社編集委員)(1ページ)
◇構造物の耐震設計より見た30年の過去・現在・未来についての雑感/山口昭一((株)東京建築研究所代表取締役)(2ページ)
◇ビル賃貸事業から見た、これまでの30年・これからの30年/松原茂高(三菱地所(株)ビル管理営繕工事部副長)(1ページ)
◇損害保険1担当者から見た30年・これからの30年/田和淳一((社)日本損害保険協会業務企画部)(2ページ)
◇四国の耐震診断から4年/中田愼介(高知工科大学教授)(1ページ)
◇リスク管理から見た、未来・現在・過去/川合廣樹(ABC Consulting EQE Japan
Divisionシニア・テクニカル・マネージャー)(2ページ)
◇防災コンサルタントから見た、これまでの30年・これからの30年/中島秀男((株)明野設備研究所企画部取締役部長)(2ページ)
◇「国観連会員旅館」から見た、これまでの30年・これからの30年/箸尾達哉((社)国際観光旅館連名会長)(1ページ)
◇巨大複雑社会環境システムとしての都市の安全/村上處直(早稲田大学教授)(2ページ)
◆定期調査報告済証統一マークの制定について(お知らせ)/(財)日本建築防災協会
◆改訂版 既存鉄骨鉄筋コンクリート造建築物の耐震診断基準・耐震改修設計指針・同解説 正誤表

その他詳細につきましては、下記事務局までお問い合わせ下さい。

財団法人 日本建築防災協会 機関誌係
東京都港区虎ノ門2-3-20 虎ノ門YHKビル8階
電話:03-5512-6451 FAX:03-5512-6455
mail:kenbokyo@kenchiku-bosai.or.jp

バックナンバー