委員会情報

建築物防災の推進のため、下記の委員会を常設して業務を行っております。
なお、委員会構成等の詳細については、下記及び「評価関係」をご覧ください。

委員構成は上記の委員会名をクリックしていただくと閲覧することができます。

既存建物耐震診断委員会

本会では、「既存RC造建築物の耐震診断基準・改修設計指針」を昭和52年に発行し(平成2年及び平成13年に改訂)、引き続きその他の構造の耐震診断基準・改修設計指針を発行並びに改訂を行っています。

各種基準等の発行当初から設置している「既存建築物耐震診断委員会」では、これらの基準・指針の普及と適切な適用を図るため、建物の所有者、管理者等の要請に基づいて、依頼者側が別途行った耐震診断結果あるいは耐震改修計画の評価・判定を行っています。
なお、いわゆる「耐震改修促進法」に定める「指針」や当協会発行の「診断基準」に準拠した判定に限らず、制震装置などを用いた特殊な改修計画の検討、あるいは特別な手法により診断が必要とされる構造物の耐震性に対する評価・判定も行っています。
対象とする案件は原則として全国内の物件であり、官民を問わずに対象としています。

 

SPRC委員会

SPRC委員会 (Committee on Seismic Performance of Reinforced Concrete Buildings)は当初、静岡県による想定東海地震に対する対策の一環に挙げられている鉄筋コンクリート造(RC造)建築物に対する地震対策に協力、支援するため、昭和52年9月に設置されましたが、現在は地域を限らずに、全国的に活動を行っています。
SPRC委員会は、主として、RC造建物に対する地震対策実施に伴う技術的・研究的な課題について以下の活動を行ってきました。

  • 効率的な耐震診断実施のための診断基準の電算化プログラムの開発
  • 耐震判定基準の策定
  • 規模、構造計画が特殊な建物の耐震診断
  • 診断結果の評価に関する助言
  • 補強法(RC壁増し打ち、鉄骨ブレース・鉄板耐震壁設置、柱・梁補強等)の開発
  • 補強計画の策定ならびに補強計画に対する助言

 

SPS委員会

SPS委員会 (Seismic Performance of Steel Buildings)は当初、静岡県による想定東海地震に対する対策の一環に挙げられている鉄骨造(S造)建築物に対する地震対策に協力、支援するため、設置されましたが、現在は地域を限らずに、全国的に活動を行っています。

 

建築物等防災技術評価委員会

建築物に対する調査、検査から補強、補修等の設計及び維持管理に至るまで、様々な技術が各方面で開発され、今後も増加すると予想されています。本委員会ではこれらのうち、主に既存建築物の防災に関する新技術の建築事業への適正かつ迅速な導入を図り、建築技術水準の向上に寄与することを目的として、申請者の求めに応じて建築物等の防災技術評価を行っております。

 

住宅等防災技術評価委員会

木造住宅の耐震診断、改修方法については、近年さまざまな方法が開発されており、耐震改修実施の際に使われ始めていますが、その性能については十分な検討が行われていないものもあります。主として既存住宅の耐震性能等防災性能の低下の防止、回復または向上を目的とする技術で、調査・検査、設計・施工、維持管理に関する技術等を評価対象としています。

 

耐震診断プログラム評価委員会

評価申込のあった耐震診断プログラムが、「耐震改修促進法」に基づく平成7年建設省告示第2089号により定められた耐震診断に関する指針及び関連通達に関して妥当なものであるか、また、利用者への手引等が完備されているかを評価する委員会で、(一社)建築研究振興協会と共同で設置しています。耐震診断プログラム評価指導委員会のもとに、鉄筋コンクリート及び鉄骨鉄筋コンクリート構造耐震診断プログラム評価委員会と鉄骨構造耐震診断プログラム評価委員会を設置しています。

 

木造住宅耐震診断プログラム評価委員会

『木造住宅の耐震診断と補強方法』が平成16年7月に改訂され、診断方法が精緻化されたこともあり、診断プログラムソフトを用いられることが多くなってきました。そのような状況を鑑み、主として既存木造住宅の耐震診断を目的とするプログラムを対象として評価を実施することといたしました。

 

・特殊建築物等調査資格者講習運営委員会

建築基準法第12条第1項及び同施行規則第4条の20の規定に基づく特殊建築物等調査資格者に関する運営をつかさどるため、この委員会を設置しています。

 

「建築防災」編集委員会

本会機関誌「建築防災」(月刊)の企画及び編集を行うため、「建築防災」編集委員会を設置しています。