新耐震木造住宅検証法

新耐震基準の木造住宅の耐震性能検証法(新耐震木造住宅検証法)

 平成28年熊本地震においては、昭和56年5月以前の旧耐震基準により建てられた木造住宅に大きな被害があったと共に、新耐震基準導入後の昭和56年6月から平成12年5月までに建てられた木造住宅にも一定の被害があったことが確認されました。この原因として、柱とはり等との接合部の接合方法が不十分であったことなどが指摘されています。
 本協会は国土交通省から依頼を受け、昭和56年6月から平成12年5月までに建てられた木造住宅を対象として、耐震診断よりも効率的に耐震性能を検証する方法(新耐震基準の木造住宅の耐震性能検証法。略称「新耐震木造住宅検証法」)を作成いたしました。
 以下に関連資料等を公開いたしますのでご活用願います。

●関連資料
 新耐震基準の木造住宅の耐震性能検証法(新耐震木造住宅検証法)
  全ページ(pdf)

 (参考1)木造住宅の耐震性能チェック(所有者等による検証)
  所有者等向けリーフレット
  「-昭和56年6月から平成12年5月までに建築された- 木造住宅の耐震性能チェック
   (所有者等による検証)」(pdf)(2017.5.16)
  ※当協会では、本検証法による個別の住宅の検証は行っておりませんのでご注意下さい。

 (参考2)新耐震木造住宅検証法 結果表
  専門家向け「新耐震木造住宅検証法 結果表」(word)

●講習会
 地方公共団体職員を対象とした講習
 専門家を対象とした講習
  講習会名:「木造耐震改修技術者講習」(2日目)に、特別講義として本検証法の解説を行います。

【問合せ先】
 (一財)日本建築防災協会 調査研究部(住宅耐震部)
  お問い合わせはこちらのフォームよりお願いいたします。
  なお、本件に関するお問い合わせについては、同様の質問を整理した上でQAを作成し、
  本ページに掲載いたしますので予めご了承ください。